お肌が弱い方は無添加の洗顔石鹸がおすすめです

無添加の洗顔石鹸はしっかりとよく泡立てて使いましょう洗顔石鹸にも無添加の物が色々とあります。

お肌が弱い方にももちろんですが、お肌に負担をかけたくない方にも、無添加の洗顔石鹸はおすすめです。

洗顔石鹸の中にも、香料や防腐剤が含まれているものもあるので、成分チェックは欠かさず行ってください。

無添加の洗顔石鹸ですが、泡立ちが悪いものもあります。

ですが、泡立ちがよい洗顔石鹸の場合、合成界面活性剤が含まれている場合があります。

これは洗浄力がアップするのですが、その分お肌に負担がかかってしまいます。

香料や防腐剤、合成界面活性剤が含まれていない洗顔石鹸の泡立ちが悪い場合は、泡立てネットなどを使って十分に泡立てれば泡もしっかりと出来ます。

無添加の洗顔石鹸を使って泡立ちが悪いからと言って、質の悪い石鹸ということではないんです。

今まで泡立ちの良いものを使っていると、物足りなさを感じる事がありますが、それだけお肌に負担がかかっているものを使っていた事になります。

特にお肌が弱い方は刺激が強いものはNGです。

また、洗顔石鹸には植物性オイルと動物性オイルが使われているのですが、お肌の弱い敏感肌の場合、動物性オイルを使っている洗顔石鹸を使うと、お肌が荒れてしまう場合があります。

植物性の物を選ぶようにして、保湿成分が入っている洗顔石鹸であれば、洗い上がりのお肌もしっとりとするのでおすすめですよ。