洗顔後にしっとりする洗顔石鹸を選ぶポイント

ポイントを押さえて洗顔後のお肌もしっとりと洗顔後にお肌が突っ張る感じがして、慌てて化粧水を使うという方も多いと思います。

そこで洗顔後にもお肌がしっとりとするような洗顔石鹸を使って、お肌が乾燥するのを防いでみてはいかがでしょうか?

特に乾燥肌の方にとって、お肌に優しく洗顔後も潤いが与えられるような洗顔石鹸が理想です。

お肌に合う合わないもありますが、まずは洗顔後でもお肌がしっとりとするような洗顔石鹸を選ぶポイントについてお話しましょう。

まずは洗顔をしつつ、お肌に潤いを与えてくれるような保湿成分が配合されている洗顔石鹸を選びましょう。

洗顔石鹸の中には、保湿や美容成分が配合されているものも沢山あります。

パッケージを見たり評判や口コミを参考にして、下調べをしっかりとしておきましょう。

次に古い角質を取り除きつつ、新しい角質層は傷つけないような洗顔石鹸を選ぶようにしましょう。

これは少し難しいのですが、洗顔をする時には「泡」を使って洗顔をします。

その泡のキメや粒子が細かい洗顔石鹸は、毛穴の奥にある汚れを洗い流してくれます。

石鹸を泡立てるのは慣れるまで難しいので、専用のネットがあると便利なのですが、天然成分で出来ている洗顔石鹸の中には泡立ちが悪いと感じるものもあります。

それでもネットを使えば泡も出来るので、泡の質は大切ですよ。