汚れを落とす界面活性剤は洗顔石鹸の方がお肌に優しい

石油から出来ている製品をお肌に使いたいですか?洗顔をする時、汚れを落としてくれる働きがあるのが「界面活性剤」という成分です。

これは洗顔フォーム、洗顔石鹸の両方に配合されていますが、脂肪酸カリウムや脂肪酸ナトリウムのものを石鹸と呼びます。

逆に、それ以外で出来ている物は合成界面活性剤になるので、洗顔フォームは合成洗剤で出来ていると言っても言い過ぎではありません。

最近石鹸が見直されていて、洗顔石鹸を使っている方が増えているのはこのためです。

もちろん洗顔石鹸にも色々な種類がありますが、天然成分で出来ている洗顔石鹸を選ぶようにしましょう。


合成界面活性剤は合成洗剤とお話しましたが、殆どが「石油」で出来ています。

洗顔フォームは泡立ちもよく、チューブタイプなので使いやすいという利点がありますが、お肌に優しいとは言えません。

この合成界面活性剤は洗顔フォームだけでなく、シャンプー等にも使われています。

最近ノンシリコンシャンプーが話題にもなっていますが、これも合成界面活性剤を見直している人が多いからです。

洗顔石鹸を使って洗顔をした後、洗顔フォームと違ってお肌が突っ張るような感じがする方もいらっしゃいますが、これは合成界面活性剤が配合されていないからです。

天然成分で出来ている洗顔石鹸を使っているうちに、お肌本来の働きを取り戻してくれます。

使い勝手もよく泡立ちのよい洗顔フォームよりも、少しお値段が高くてもお肌に優しい洗顔石鹸が見直されているのは、界面活性剤が大きく関係しているようですね。